響き

アクセスカウンタ

zoom RSS 今の症状

<<   作成日時 : 2016/01/23 20:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

とにかく手の震え

たとえば母の病院に付き添って行ったのが一番辛かった。

何かしてる時は大丈夫だけど、
何もしないで待ってるのが苦しい。

バスや車に乗ってる時、
歩いてる時、
テレビを見てる時、
就寝前。

検査で頭のMRI検査を受けた時も
たった15分位なのに苦しかった。(*_*;

とにかく手が動くので、
肩こりがひどい。

春のめまいも関連してたのかなあ。

今は病気についての知識を得るために、
ネットや本を見ています。

ストレスを感じると、余計に手の動きが激しくなるようなので、
あまりイライラしないようにしなければ。

笑うようにしなければ。

処方された薬

カルコーパ配合錠L100
タスモリン錠1mg


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私も持病あるけど年齢重ねると又色々疾病出てきてます
パーキンソンの知り合いいますが、お薬服用して元気してます。
ことのさんここ数年色々忙しかったからかなぁ・・。
私は病気(甲状腺疾患)に気付いた時は薬すぐ服用でしたがのがことのさんまだ気付いたばっかりだから叩きのめせるかも
色々情報収集ですね。
さらら
2016/01/24 22:07
さららさん、
年を取とると、何かしらの病気と付き合っていかなければいけないと
わかっていたものの、
なんでこの病気なのかなあ、と思いますね。(*_*;

今のところ、
薬がよく効いて、だいぶ楽です。

本を買いに行ったら、認知症のくくりに入っていました。
(*_*)
ことの
2016/01/25 20:20
この頃僕も、かつて経験したのとのない痛みや症状に見舞われることが多く、我が家の給湯器同様「壊れる」ことを実感しています。多分不具合は一ヶ所じゃないしw

半世紀も使えばガタもくるでしょう。年をとるというのはあちこちで身体を支えてくれていたいろんなものが限界に来ているということなのだな、と。

パーキンソン病はiPS細胞を使った治療法もかなりのスピードで進んでいる分野です。診断が確かだとして、しぶとさとか図太さが大事なんじゃないでしょうか。
HOSHIO
2016/01/25 20:53
HOSHIOさん
私のは痛くはないだけマシですね。
(*_*;

薬の副作用も怖かったのですが、
今のところ大したことはないようです。

しぶとさや図太さは、
一般的なおばさんレベルで持ち合わせていると思います。
(^◇^)
ことの
2016/01/26 23:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
今の症状 響き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる