響き

アクセスカウンタ

zoom RSS 今思うと

<<   作成日時 : 2010/06/24 23:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12


そういうわけで、
私の頭の中は、息子=病気、という風になってしまい、
今日、息子から
「パソコンの方にメール送った」と携帯のメールを見た時、
つい、
何か良くないことが長文で書かれているんだろうか、
それとも診断書とかのコピーが添付されてるんだろうか、
と、病気に関係する良くない話しか思い浮かばず、
ドキドキしてメールを確認したら・・。

自分の作った作品の画像でした。
(^^)

先日甲府に行った時に、
これからこんな物を作るんだとデザイン画を見せてくれたのが出来上がったらしく、
それを撮って送ってくれたんです。

いや〜、イカンなあ、私。
頭を切り替えろ。(-_-;)


〜〜〜〜〜

その甲府に行った際、

息子が学校に行ってる間にアパートの近くを散策してたのですが
(本当は息子の部屋を掃除したかったけど、
息子が「好ましくない」と言うので止む無く)
その時に「善光寺」に行ったのです。
本堂にあがって中を拝見しましたが、
真っ暗の中、階段を降りて行き、カギに触って帰ってくる
という修行があり、挑戦してみました。

手すりに掴まって降りていくのですが、
本当に真っ暗で何も見えないのはものすごく怖い。
しかも一人だし。
階段を降りたあと、廊下なのか部屋なのかを2回曲がると腰の高さのあたりにカギがあり、
それに触って帰ってくるのです。

ま、無事生還したのですが・・・。

今、思うと、
もし、その部屋の中に、先客とか、後客(こんな言葉ないと思うけど)とかいたら、
ぜ〜ったいビックリしますよね。
何か話しながらとかだったらわかるけど、
私みたいに一人だったら無言で歩いてくるわけだし、
触って気づくのだったら、お互いにもう心臓が止まるほどビックリするはず。

今まで、そういうことって無かったのかなあ〜。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
素敵な息子さんですね!!(*^^*)

その善光寺の鍵を触ると、なにか
ご利益があるんですか(・・)?
心臓の弱い人は、行けませんね(^^;
ときドキッ!
2010/06/27 13:36
この肝試しみたいなの聞いたことあります。
甲斐善光寺さんだったんですね。
たまにカギの位置がわからずに戻ってくる人もいるようですから、触れたのなら御利益があるかも知れませんね (^^)
タラララ
2010/06/27 13:45
ときドキッ!さん、
一応親孝行のつもりで気を遣って
写真を送ってくれたのでしょう。
(^_^;)

鍵に触れることによって、
ご本尊善光寺如来像と縁を結ぶことになるそうです。
それから、ここには日本一の鳴き龍もありました。
(廊下で手をたたくと天井に反響して、
天井に描かれた龍が鳴いてるように聞こえる、
というもの)
ことの
2010/06/27 22:25
タラララさん、
実は・・・
おっちょこちょいの私は、
説明も聞かずに降りていって、
鍵を触ったものの次にどうすればいいかわからず、
鍵を開けたらいいのかと思い、
壊さんばかりに思いっきり鍵をガチャガチャしてしまい、
結局(当然)開けられるわけもなく、
虚しい気持ちで上がってきた、
ということはここだけの秘密にしてください。
(-_-;)
ことの
2010/06/27 22:30
息子さんの部屋の掃除・・・
そうか!○○本か○○ビデオが有ったからだ!
れいま
2010/07/02 20:10
れいまさんも持ってたんだ。

(;一一)

ことの
2010/07/02 23:20
そりゃ当然
れいま
2010/07/09 18:54

 (-_-;)
ことの
2010/07/10 23:33
私は 机の引き出しに 鍵を掛けて
それに触ってくると ○○ビデオが…
(´;ェ;`)ウゥ・・・

親って どこからどこまでも心配ばっかり
なんですね…
黒一
2010/07/17 04:21
まあ、いずれは通る道ですから・・・
れいま
2010/07/17 19:53
黒一さん、

親とかぎらず、
愛してる人のことは心配になりますね。
(^_^;)
ことの
2010/07/17 22:56
れいまさん、

う〜む、
どうも息子を含めて、
イマドキの若者はそういうのに興味がない人が増えてるような気がします。
ことの
2010/07/17 22:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
今思うと 響き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる