響き

アクセスカウンタ

zoom RSS 55才

<<   作成日時 : 2010/04/27 23:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8


まだだ。

でも、目前だ。(^_^;)


 先日、以前勤めていた保険会社の上司と話す機会があった。
なんと所長の定年は55才なんだそう。
って、私はびっくりしたけど、案外そういう所は多いらしい。
55才を過ぎると、計画を達成できなければ一営業職員に降格するそうな。
やはり、営業職は厳しいなあ。

という話を今の会社の上司にしたところ、
ウチの会社も定年は60才だけど、55才で昇給はストップだよ って。
(*_*;

55才という年齢は、
医学的に根拠があるのか?

昇給は諦めるにしても、
定年、というのはキツいよね。

それまでに充分蓄えることが出来る人はいいけれど、
そういう人は少ないはず。
再就職の道も険しければ、どうするんだろうか。

農業か?
それもありかな・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
いや、定年後にいきなり農業は無理でしょ。
家庭菜園とか自給自足ぐらいは大丈夫かも知れませんが…。
昔、兼業農家の友人に話を聞いたら、「自分には絶対に無理!」と思いましたもん。
その友人は田植えや稲刈りの農繁期になると有給で休んでました (^^;;
タラララ
2010/04/28 14:20
タラララさん、
万が一やるとしたら、もちろん家庭菜園程度です。
(^^)
今、住んでる所ではそれも少々無理ですが、
実家だと周りがほとんど農家なので、
畑も安く借りられそうです。
実際、私が高校生の頃に
公務員だった母が畑を借りて野菜を作るのを手伝ってました。

確かにものすごく手間がかかって大変でした。(^_^;)


ことの
2010/04/28 22:35
医学的根拠というより、若い人たちに「譲る」ということですね。
いつまでも給料の高いじーさん、ばーさんがいると会社も困ります。
しかし寿命が延びるとこっち(?)も困りますね。
真面目な知識についてはこちらを読んでみてください。
http://www.tamagoya.ne.jp/roudou/169.htm


>再就職の道も険しければ、どうするんだろうか。

パチプロ、小説家、作曲家、などは如何でしょうか?
HOSHIO
2010/04/29 10:09
HOSHIOさん、
せめて65才まで頑張らなければ、
非常に厳しい感じです。

主人と私の年金定期便を見るかぎりでは、
二人合わせてもぎりぎりの線かと・・。
(^_^;)

>パチプロ、小説家、作曲家、などは如何でしょうか?

 他にないですか?
 
 何が出来るかとは聞かないでください。
 ヾ(@゜▽゜@)ノハハハ
ことの
2010/04/30 00:03
マッチ売りの・・・
たばこ屋の看板・・・ 
かぐや・・・
さて,何になりたいですか・・・(・・?)
しゅー
2010/05/04 21:34
しゅーさん、
何故、・・・なのでしょう。(^^)

そりゃあ、なんといっても「たばこ屋の看板娘」ですね。
仕事が一番ラクそう。(^^)
よく居そうですよね。
こっくり昼ねをしてるたばこ屋のおばあちゃん・・・

・・・あれ?

ことの
2010/05/04 23:57
いずれも年齢をまったく気にしない職業(状態)ということで挙げてみたのですが・・・
うーん,そう来るのかー.

ことのさんは,若返り願望と年寄り願望が同居しているのですね.

55歳・・・
昔の人の多くは,55歳にもなれば,十分年寄りだったのでしょうが・・・医学の進歩が,結果として,人を不幸にしているのでしょうか(・・?)
しゅー
2010/05/07 20:42
しゅーさん、
>いずれも年齢をまったく気にしない職業(状態)ということで挙げてみたのですが・・・

 そうですか? (;一一) アヤシイ

マッチ売りの「少女」
たばこ屋の看板「娘」
かぐや「姫」

ってなんだかねえ・・・。(^o^)

体に無理を強いるのはいけませんが、
もう年齢は気にしちゃいけませんね。
(^^)

ことの
2010/05/08 20:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
55才 響き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる