響き

アクセスカウンタ

zoom RSS 本の買いだめ

<<   作成日時 : 2008/04/17 14:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12


娘の合格発表後、
仕事が休みの日は、買い物、手続き、ちばへの往復など
かえって忙しく過ごしていましたが、
今日は久しぶりに少しのんびりしています。

ストックしている本も残り少なくなってきたことだし、
行ってきました。
大好きな紀伊国屋さん。

今日購入したのは、
「夜の蝉」〜北村薫さん
 (実はこれは前に読んだことがあるような気が・・・(^_^;) でも、思い出せないので購入)
「危ない夏のコーヒーカクテル」〜クレオコイルさん 
 (ランダムハウス講談社、という未体験の出版社。
これはコーヒーシリーズの第4弾で、前から少し気になっていたものの、第1弾ではなく4を読んでみようかという私の気まぐれ (^o^))
「彗星物語」〜宮本輝さん
 (ドラマになってたんですね。知らなかった。
 宮本さんの作品のファンなので、楽しみ)
「エンドマークから始まる」〜片岡義男さん
 (昔の文学少女なら一度はハマル片岡さんを久しぶりに (*^_^*))
「チャンピオンたちの朝食」〜カートヴォネガットジュニア
「霧笛荘夜話」〜浅田次郎さん
 (久しぶりの浅田さんです)

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
ちょっとだけ

「昔の文学少女」

に反応してしまいました。
(個人的には、昔、文学少女は苦手なタイプだったような気がします)
HOSHIO
2008/04/18 04:22
HOSHIOさん、
疑問点がいくつか・・。

昔は苦手、で、今は?
文学少女が苦手なら、文学おばさんは?
文学少女との間に、昔、何か苦い思い出でも?

でもね、
文学少女、というと、
私もあまりいいイメージはないですね。(^_^;)
暗くてやぼったいイメージが・・。

ことの
2008/04/18 23:00
一、今は文学少女に出会う機会がありません
二、文学おばさんは「墓場鬼太郎」に出てきそうな名前ですね
三、実際のところ文学少女はいたのかどうかすら記憶が曖昧です

片岡義男はやぼったい文学少女がハマっていたのでしょうか??
HOSHIO
2008/04/19 04:16
文学はさっぱり(; ;)ホロホロ
開いて数ページで「夢の中」w
れいま
2008/04/20 10:32
HOSHIOさん、

>三、実際のところ文学少女はいたのかどうかすら記憶が曖昧です

 ということは、何故に苦手なタイプだと思っていたのでしょうね。

>片岡義男はやぼったい文学少女がハマっていたのでしょうか??
 自分のことに照らし合わせてみてそんな感じがしてます。
 (^^)
ことの
2008/04/20 10:42
れいまさん、
>開いて数ページで「夢の中」w
 副作用のない安全な睡眠薬、ということですね。
 本の果たす役割がこんなことにも。
 (^^)
ことの
2008/04/20 10:46
本ですか〜 (ノ_-;)ハア…

私はグインサーガしか買ってこないので
文学的作品は 皆無ですね〜

という訳で “〆(^∇゚*)カキコ♪あんがちょ
ジジ黒一
2008/04/20 11:54
ジジ黒一さん、
好きなものがまだ続いてるって、
楽しみがあって嬉しいことですね。
(^^)



ことの
2008/04/20 23:22
その代わりファンタジーものを読んだときには寝不足間違いなし(^_^;)
れいま
2008/04/22 21:52
でも、とてもいい気分転換になること
間違いなし(^^)
ことの
2008/04/22 23:52
片岡義男って20年以上前によく読んでいました。
久々に読んでみたい気がしました。
でも最近ヘロヘロで時間がとれません。。
名盤!
2008/04/29 22:25
名盤!さん、
姿が見えないので少し心配してました。
相変わらず忙しそうですね。
ゴールデンウィーク、
少しは休めるといいですね。

片岡さんのは、本屋さんで思わず懐かしくなって手にしちゃいました。(^^)




ことの
2008/04/29 22:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
本の買いだめ 響き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる