響き

アクセスカウンタ

zoom RSS おばあちゃん家

<<   作成日時 : 2007/08/11 20:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 23

時々話題に出てくる私の実家ですが、
今日は父の実家であるあばあちゃん家についてちょっと紹介したいと思います。

「トトロ」に出てくる暮らしって、
昭和30年代生まれの人はみんなあんな感じだと思っていましたが、
もしかして都会育ちの方は違うんでしょうか。

私の実家は住んでる人の95%くらいは農家。
我が家は違っていたのですが、
すぐ近くにある父の実家は茅葺屋根で、
豚やヤギのいる正統派の農家でした。

もちろん、まっくろくろすけも居ました。
ネコバスには乗ったことはありませんでしたが、(^^)
ネコバスが走り去る時突風が吹いてましたね。
あの場面を見て、そうだったのかととても納得しました。

戸がついている階段、
迎え水をして汲み上げるポンプ式の井戸、
おやつで食べるもぎたてのきゅうり。

お風呂は焚き口が一緒の所にあるので、
おじさんやおばさんが湯加減を聞いてくれながら、
薪をくべていました。

田植えの日は親戚中が手伝いに集合。
従兄弟たちが多い時は10人以上も集まって、
大人の邪魔をしないように小屋や蔵で遊んでました。
誰が一番たくさんご飯を食べれるかって競争したり。

稲刈りの日は本家でぼた餅を作って、分家に配っていました。

学校もあんな感じで、
小さい子を背負ったおばあちゃんを校庭でよく見かけました。

お店は何でも売ってる雑貨やさんが1軒だけ。
お肉は冷凍しかおいてなかったので、社会人になってからステーキを初めて食べてびっくりしました。(^^)

本屋さんまではバスで出かけないといけないし、
レコード屋さん、映画館にいたってはさらに電車に乗って行くので、
一大イベント。

そんな所でした。

(^o^)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(23件)

内 容 ニックネーム/日時

信じられないくらい散らかっていた娘の部屋は、
3日がかりで綺麗になりました。

そう、
今日、彼が遊びに来ました。
しかもお泊り・・・。(-_-;)

硬派で体育会系の前の彼とは逆で、
ジャニーズ系のイマドキ派の彼でした。

ということで、
今夜は実家に帰って星を見る予定でしたが、
あえなく断念。

ことの
2007/08/11 20:29
>昭和30年代生まれの人はみんなあんな感じだと思っていましたが

僕は都会生まれではありませんが

「全然違いますっ!」


10歳くらいまで団地暮らしだったので、ことのさんとは子供の頃のいわゆる心象風景は別の星かと思うくらいに違うのでしょうね。(^^;)

そうした農家の家っていつ頃建てられたものなんですかね?50年前?100年前ってこともあるんですかね?最近は違うでしょうが、ちょっと前の家のベースになった間取りは何代も前からあまり変わっていないのかとも思います。

祖父母の家には土間や離れの五右衛門風呂があったように記憶していますが、ほとんど覚えていません。'60年代の終わりくらいですかね。

えーっと、「お泊まり」って娘さんのお部屋に?いずれにしても我がマンションでは不可能です。
HOSHIO
2007/08/11 21:34
HOSHIOさん、
団地がある所は都会です!

父の実家は、父たちが生まれた頃に建てられたもののようでしたから、今からだと70年以上前ですね。
さすがに屋根や水まわりは建て替えましたが、
間取りはそのままです。
蔵もまだあります。

「トトロ」を好きな人たちは、
自分の故郷と重なって懐かしいからだと思っていましたが、
もしかして違う理由からなんでしょうか。

私は自分としては「五月ちゃん」になって見ていますが、上に姉がいるので実は「メイ」だったのかもしれません。(^_^;)

娘と彼、
寝る時はもちろん引き離しますよ。
12時になったら娘を呼びに行きます。
(^^)
ことの
2007/08/11 22:36
>「トトロ」を好きな人たちは、
>自分の故郷と重なって懐かしいからだと思っていましたが、
>もしかして違う理由からなんでしょうか。

あ゛ー、それはまた全然違うのでは…
うちの子供もトトロが好きでしたが
あんな景色や暮らしは見たことがないです。

しかし彼女の「実家」に泊まるとは
最近の青年達も根性ありますね。
それとも何かの(ねぷたにまつわる)
儀式なんでしょうか。(^_^)

とまれ、僕とことのさんの間には
景色だけではなく、風習や価値観にも
いろんなギャップがあると思われます。

因みに「ブレックファスト・イン・アメリカ」は
嫌いではありません。
特にクラリネットの入り方が。(^_^)v
HOSHIO
2007/08/11 23:00
HOSHIOさん、
トトロが好きな理由は、
私と子供たちでは違うでしょうね。

私とHOSHIOさんの間にあるたくさんのギャップ。
同感できる人との会話ももちろん楽しいし、
ギャップのある人との会話も楽しみです。

ん?
隣で主人が組み立てたばかりのパソコンを起動中。
すごいヘンな音がしてる。
(^^)
ことの
2007/08/11 23:43
大人が鑑賞するのは 望郷かな・・・
故郷が無くても それに似た感情が
沸き起こるかもしれませんねぇ

『ことの』さんちの 田舎には
当然のように 里山があったり
連綿と綴られた人との繋がりが
現存しているのでしょうねぇ…

かくゆう 当地方も同じです
でも さすがにここいらヘンは
(((*★??*??★*)))ヘ(・_・ヘ)ゴソゴソすると
とんでもない歴史が存在したりします

トトロってね 千と千尋に繋がるものが
あると 思うのですよ (。-_-。 )ノハイ
ジジ黒一
2007/08/12 02:01
>そうした農家の家っていつ頃建てられたものなんですかね?
>50年前?100年前ってこともあるんですかね?
我が家は,結局,自分の代でも改築を選んだので,築150年といったところでしょうか・・・
五右衛門風呂には,中学3年まで入っていました.中学時代はよく風呂焚きをしました.

トトロの世界と自分の小学校時代の景色は,ほとんど同じでした.
雨戸を開けるとまっくろくろすけが逃げていく.肝試しのとき大きな木が風でゆれるとちょっと怖かった.でこぼこ道を走るねこバスはよく揺れました・・・

おそらく・・・夏の景色はことのさんの実家とほぼ同じだったのではないでしょうか(・・?)
きゅうりは食べなかったけど・・・よく畑でスイカとトマトは食べました・・・(^^)v

今でも,カブトムシ&クワガタはたまに見かけます.タマムシとナナフシは最近見ないな〜
しゅー
2007/08/12 03:19
ジジ黒一さん、
年のせいなんでしょうか。
「三丁目の夕日」の続編が楽しみで・・。
(^^)

そう、
田舎といえば、
人の繋がりが・・ね。
主人が苦手とするところです。

「千と千尋〜」ですか。
好きですが、トトロと繋げたことはなかったな〜。
ことの
2007/08/12 16:13
しゅーさん、
なんたって、私たちは同い年の姉弟ですから。
(^o^)

姉なのに、
弟の幼い頃を見たことはありませんが、(^^)
純朴で可愛かったでしょうね。

しゅーさんの家、
父の実家よりまだ古いんですね。
古くて貴重なものがたくさん残ってるんじゃないですか?

ことの
2007/08/12 16:24
というか、しゅーさんはどちらにお住まいで?
今のお宅が築150年なんですか?

カブトムシやクワガタムシは
探せばまだ都会にもポイントがありますね。
神社の裏側とか。
というか放虫してる人もいるようですが。
(国産が外国産に駆逐されているという話も)

タマムシはかつては「団地」でも見ましたが
幼虫が桜なんかを傷める害虫として
かなり駆除されたと思います。
カミキリムシもそうですね。

ナナフシは小学校時代
父親の単身赴任先(岐阜)のマンションの
屋上で見たのが最後です。

僕が知っていて、
子どもたちが一生見ることのないであろう虫は
かなりの数に上ると思われます。
因みに長男は、先日うちに迷い込んできた
コメツキムシも知りませんでした。
HOSHIO
2007/08/13 01:19
>しゅーさんはどちらにお住まいで?
上野にある会社に電車で通っているので,当然,関東・・・
青森ではありませんよ.茨城です.
なぜか,ことのさんと兄弟なのに出身地が違いますね〜(・・?)

>今のお宅が築150年なんですか?
もちろん,今の家です.

>探せばまだ都会にもポイントがありますね。
年に1,2回は,網戸に張り付いている迷えるクワガタ&カブトムシを見かけます.

>タマムシ&ナナフシ
こちらは,いずれも.最後に見たのは10年ぐらい前です.
玉虫は害虫でしたか.
ナナフシは,不思議な虫ですよね.はじめて見たときの驚きは,今でも忘れられません!

>古くて貴重なものがたくさん残ってるんじゃないですか?
蔵にがらくたがいっぱい詰まってます.戦争中につくられた軍事部品とか・・・
しゅー
2007/08/13 07:02
HOSHIOさんも、
しゅーさんも、
さすがに男の子は虫の名前を知ってますね。
私はほとんどわかりません。(^_^;)

しゅーさんの蔵、
のぞいてみたいな〜。

父の実家は農家だったので、農作業用の道具でしたが、
しゅーさんとこは軍事部品か〜。
ことの
2007/08/13 19:39
昔は夜に明かりを照らせばカブトムシが飛んできて捕まえていたんですが・・・。
最近は開発されて虫を見ることが少なくなりました。

せいぜいゴキブリや蚊や蝿ぐらいか・・・(ノ∀`)アチャー
れいま
2007/08/14 09:06
れいまさん、
蚊や蝿も
昔に比べるとずいぶん少なくなりました。

ことの
2007/08/14 23:25
一昨日、白川郷というところに行って来ました.東北の人には馴染みのない所でしょうが.
そこで茅葺屋根を見てきたので、みーちゃんの自由研究は「茅葺屋根の保温断熱効果と防水性を検証する」に決まりました.今日実験1をしたところです.明日2・3をやります(笑)
虫好きのみーちゃんは「生きているタマムシを見たことがない」と、事あるごとに見たい見たいと申しております.
ナナフシは30年ほど前、近所の山で異常大発生したことがあります.そこらじゅう足の踏み場もないくらいナナフシだらけ.それ以降は1匹も見ることはありません.アレはなんだったのでしょう??
トースケ
2007/08/15 00:03
>父の実家は農家だったので・・・
うちも,どこから見ても農家ですよ.
だって,兄弟なのだから当然でしょう♪

百姓屋の小倅のしゅーです!
夏は草刈&除草剤散布の日々が続きます・・・(^^);
しゅー
2007/08/15 00:04
>そこらじゅう足の踏み場もないくらいナナフシだらけ・・・
かなり気持ち悪かったのでは・・・おとなしいし,害はないんですけどねっ!
ちょっとしたはずみで足が取れてしまう弱々しいナナフシ・・・彼らがこの世に生き残っているのが不思議に思えます(・・?)

タマムシはきれいですよね〜.昔,玉虫の厨子が作られたのも頷けます・・・うん,うん.
しゅー
2007/08/15 00:10
ことのが宅配したの?
BlogPetのゆりあん
2007/08/15 09:43
トースケさん、
お帰りなさい。

楽しい旅でしたか?
「白川郷」は世界遺産のDVDで見ました。
ブログでの記事、楽しみにしていますね。

そうそうみーちゃんは虫が好きなんでしたね。
玉虫、見たことないんだ〜。
見せてあげたいですね。
ナナフシは名前を知らなかったので、
検索してみましたが、
あれがそういう名前なんですね。
という私もあまり見たことありませんが。
(^_^;)
大量発生は気持ち悪いですね。
どんなに綺麗なものでも。

ことの
2007/08/15 19:57
しゅーさん、
おうちのお手伝いもされてるんですね。
わが弟はさすがに感心です。
これからも頼みますね。

でも、自分の仕事もかなり忙しそうですから、
くれぐれも無理しないようにね。

『玉虫の厨子』知らなかったので、
調べてみました。
こういう話は「れいま」さんが詳しいんじゃないかな。
(^^)
ことの
2007/08/15 20:00
あれ?
ゆりあん、コメントくれたの初めてじゃないか?

宅配したのは私じゃないよ。(^^)
しかも、この話題はだいぶ前の話じゃ。
ことの
2007/08/15 20:09
呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン!

日本最古の仏壇は、法隆寺にある玉虫の厨子で、飛鳥時代のものです。
 厨子が現在の仏壇の原型なのですが、在家に仏壇が普及しはじめるのは室町時代です。
 荘園制が崩壊し、農村が台頭してきたとき、浄土真宗の蓮如が農村を中心に在家主義をおしすすめました。
 そして江戸時代になって形も箱仏壇のようなものになり、一般庶民の生活にすっかり定着しました。
 古来から、日本人は生活の中に神仏に対するまつり事をおいてきました。
 仏壇や神棚を身近に置くことで、神仏、先祖への祈りと感謝を忘れないようにすると同時に、子供の情操を養う基盤ともしているのです。

とあるHPより抜粋ヽ(´ー`)ノ
れいま
2007/08/15 22:07
れいまさん、
ありがとう。(^^)

ことの
2007/08/15 23:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
おばあちゃん家 響き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる