響き

アクセスカウンタ

zoom RSS 「エラリー・クイーンの国際事件簿」〜エラリー・クイーン/飯城勇三訳

<<   作成日時 : 2006/08/18 00:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

創元推理文庫
2005年7月29日 初版
P401

この夏、仕事が一番忙しい6〜7月に読んでいた本です。
短編集で、なんと41話も集録されています。
夜、寝る前に読んでいたのですが、
疲れて2行くらいで眠ってしまったりすることもあり、
実は内容をあまり覚えていません。σ(^_^;)

エラリー・クイーンやアガサ・クリスティは
本が好きな人なら、中学、高校時代に一度は通る道ですよね。
私も一度通ったことは通ったのですが、あまり印象にありません。
当時、はまっていたのは、コナンドイルでした。
本気でシャーロキアンになりたい、と思っていましたから。(-^〇^-)

でも、本屋さんで目にして、もう一度ちゃんと読みたいな、と
せっかく思ったのに、読んだ時期が悪かったのですね〜。

ただ、内容としては面白かったです。
実際の犯罪をミステリーに仕立てて作品にしちゃってます。
犯罪に詳しい人なら知ってる事件も多いのではないでしょうか。
第2話には、東京が舞台のお話も載っています。

画像


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今日は暑かった〜〜〜。
36度でした。
北国なのに、こんなに暑くていいのでしょうか。
30度の室内がヒンヤリと感じました。
今日はそれほどでもなかったけど、室内と外の気温の差が良くないのか、
心臓がイマイチですね。(-"-;A
年を感じるゾ。

でも、先月じゃなくて良かった。
アルバイトさんが来てる時にこんなに暑かったら、
仕事の効率がとても悪くなるし、何より可哀想だもんね。
どうしてるかな・・。ちゃんと就職出来たかな・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おひさしぶりです.
そちらで36度はすごいですね.甲府並みだ.

上記2名は1度も通らなかった道だなぁ、と思ったら、確か「春にして君を離れ」ってクリスティでしたよね.中島梓氏がどこかで大絶賛してたので思わず読んでしまいました.
小4の頃、乱歩の少年向けにハマってたのですが、その後SFに出逢ってしまい、現在に至ります(笑)
トースケ
2006/08/18 00:57
トースケさん、こんばんは。
甲府並みですか・・。
そちらは、こんなに暑い日が続くんですね。
(>_<)

こっちは今日は豪雨で、そのせいか気温は
あまり上がらずラクでした。

トースケさんはSF一筋でしたね。
今、私が読んでるのは珍しく日本のSFで
結構面白いんです。
終えたら、記事にします。(^^*)
ことの
2006/08/18 23:53
毎度どす。
トースケはんSFファンどすか?
お初どすけど宜しゅうに。
今、日本沈没が、リサイクル、、リサイタル
リゲイン、、、なんやったけ(笑
ほんで、筒井はん日本以外全部沈没も
SFの黎明期小松はんや、筒井はん星はん
眉村はん、半村はん、SFマガジンの
福島はん、夢中で読みましたな。
「戦国自衛隊」や「時をかける少女」
HGウエルズの「タイムマシン」が
あたいがSFを最初に知りました。
今は昔の物語どすな。
お邪魔さんどした。

839
2006/08/22 00:38
839さん、こんばんは。

トースケさんにコメントしてるのかな・・。
私が返信していいですか? (^^*)

「タイムマシン」は傑作ですよね。
子供が小学生の頃、
夜、寝る前に読んであげてました。
SFにも興味を持って欲しいと思って・・。


星新一さんは、一時期大好きでハマッてました。

9月のWOWOWの「太陽の黙示録」
面白そうです。

ことの
2006/08/22 22:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
「エラリー・クイーンの国際事件簿」〜エラリー・クイーン/飯城勇三訳 響き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる